メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都をどり・京おどり

芸舞妓あでやか、春彩る 祇園甲部と宮川町で開幕 /京都

都をどりで、花道に並んで舞を披露する芸舞妓=京都市左京区の京都造形芸術大春秋座で、澤木政輝撮影

 京都五花街の祇園甲部と宮川町で1日、春の公演「都をどり」と「京おどり」が開幕。芸舞妓(げいまいこ)があでやかな舞を披露している。【澤木政輝】

 京都造形芸術大の春秋座(京都市左京区)では「都をどり」が始まった。祇園甲部歌舞練場が耐震改修中のため、昨年に続いての開催。「続洛北名跡巡(つづきてのらくほくめいせきめぐり)」と題し近隣の詩仙堂や哲学の道などを舞台に全6景を展開した。また映画「アナと雪の女王」の原案となったアンデルセンの童話「雪の女王」による「雪女王(ゆきのじょうおう)一途(ひたむきなる)恋…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです