メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都をどり・京おどり

芸舞妓あでやか、春彩る 祇園甲部と宮川町で開幕 /京都

都をどりで、花道に並んで舞を披露する芸舞妓=京都市左京区の京都造形芸術大春秋座で、澤木政輝撮影

 京都五花街の祇園甲部と宮川町で1日、春の公演「都をどり」と「京おどり」が開幕。芸舞妓(げいまいこ)があでやかな舞を披露している。【澤木政輝】

 京都造形芸術大の春秋座(京都市左京区)では「都をどり」が始まった。祇園甲部歌舞練場が耐震改修中のため、昨年に続いての開催。「続洛北名跡巡(つづきてのらくほくめいせきめぐり)」と題し近隣の詩仙堂や哲学の道などを舞台に全6景を展開した。また映画「アナと雪の女王」の原案となったアンデルセンの童話「雪の女王」による「雪女王(ゆきのじょうおう)一途(ひたむきなる)恋…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]