特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

決勝 大阪桐蔭、偉業に歓喜 スタンド、拍手の嵐 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝メダルを首にかけ、グラウンドに整列する大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で、平川義之撮影
優勝メダルを首にかけ、グラウンドに整列する大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で、平川義之撮影

 <センバツ2018>

 「おめでとう!」。史上3校目の春連覇を果たした大阪桐蔭ナインに、阪神甲子園球場の観客からは万雷の拍手が送られた。第90回センバツ大会第12日の4日、決勝で大阪桐蔭は智弁和歌山(和歌山)に5-2で逆転勝ちし、偉業を達成した。アルプススタンドも歓喜に沸いた。【加藤佑輔、今野悠貴、三瓶杜萌】

智弁和歌山

  000200000=2

  00020012×=5

大阪桐蔭

アルプススタンドから選手に声援を送る大阪桐蔭の生徒たち=阪神甲子園球場で、今野悠貴撮影
アルプススタンドから選手に声援を送る大阪桐蔭の生徒たち=阪神甲子園球場で、今野悠貴撮影

 2点をリードされた四回裏、大阪桐蔭は無死満塁から失策などで追い付いた。スタンドでは吹奏楽部の大演奏が熱を帯び、「いけいけムード」に。小泉航平捕手(3年)、山田健太選手(同)とクラスメートの馬場歩美さん(同)は迫力ある大太鼓の演奏を披露。「今日も全員でつなぐ野球を見せてほしい」とエールを送った。

 そして七回、1死二塁から宮崎仁斗選手(同)が勝ち越しの左前適時打を放つ。周囲の保護者らとハイタッチをした父剣一さん(44)は「苦しい練習の成果がやっと出たと思う」と喜んだ。

 八回には藤原恭大選手(3年)と根尾昂投手(同)の連続適時打で突き放した。約20人の「応援リーダー」が「かっとばせ今こそ」などの掛け声を書いたプラカードを掲げ、応援席の一体感を演出した。まとめ役をした野球部の宮脇大地さん(同)は「試合を重ねるたびに強くなっている。自分たちも恥ずかしくない応援をして、日本一を後押ししたい」と体を揺らした。

 根尾投手は最後まで球威が落ちず、140球を投げ抜き、智弁和歌山の強力打線を6安打2失点に抑えた。母実喜子さん(51)は「息子を支えてくれた他の選手たちに感謝したい」と笑顔を見せた。

三塁側アルプススタンドからひときわ大きい声援を送った大阪桐蔭野球部の3年生ら4人(手前左から4人)=阪神甲子園球場で、三瓶杜萌撮影 拡大
三塁側アルプススタンドからひときわ大きい声援を送った大阪桐蔭野球部の3年生ら4人(手前左から4人)=阪神甲子園球場で、三瓶杜萌撮影

3年生「最高の気分」

 ○…「桐蔭! 桐蔭!」。ベンチ入りできなかった野球部の3年生4人もスタンドで声を張り上げた。後藤龍太朗さんは「ここまで来られて最高の気分」と感慨深げ。井阪太一選手(3年)と寮で同じ部屋という湊大輔さんは「チャンスで1本を」と声援を送った。

メガホンを振る大阪府大東市の東坂浩一市長=阪神甲子園球場で、今野悠貴撮影 拡大
メガホンを振る大阪府大東市の東坂浩一市長=阪神甲子園球場で、今野悠貴撮影

大東市長も声援

 ○…大阪桐蔭のアルプススタンドでは、同校がある大東市の東坂浩一市長もチームのキャップをかぶり、声援を送った。「全国ナンバーワンのチーム」。そう胸を張る東坂市長は「厳しい冬のトレーニングで大きく成長した」と話し、「白球を追うひたむきなまなざしは市民に勇気と元気を与えている」と赤いメガホンを振った。


 ■熱球

負傷で投手を研究 小泉航平捕手(3年)

 「落ち着いて。がんがん攻めよう」。四回表に2失点した根尾投手に、そう冷静な投球を促した。

 1年の秋にメンバー入りを果たしたが、翌1月に左手を負傷し、前回のセンバツは戦線から外れた。ビデオ撮影など裏方に回り、バッテリー間のやりとりをよく観察するようになった。投手に声をかけるタイミング、配球などを「いつでも出場できるように研究を続けていた」。

 昨年の捕手は、主将としてチームを引っ張った福井章吾さん(18)。「同じように頼れる捕手に」と、投手陣との会話を重視した。投球の内容を褒めたり、問題点を指摘してきた。「いつでも投手を信じている。自分は声掛けするだけです」と謙虚に女房役としての務めを語った。【加藤佑輔】

次に読みたい

あわせて読みたい