メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 新トップコンビ、上品に 宙組公演「天は赤い河のほとり」 /兵庫

篠原千絵氏の人気漫画「天は赤い河のほとり」を原作に、新トップコンビの真風涼帆(右)と星風まどかを中心に新生宙組が演じる=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団宙組が宝塚大劇場でミュージカル「天は赤い河のほとり」(脚本・演出、小柳奈穂子)を上演している。今年20周年の節目を迎える宙組で新トップコンビ、真風涼帆と娘役・星風まどかの本拠地でのお披露目公演。篠原千絵氏の人気少女漫画を原作にした歴史ファンタジーで、真風は古代王国の気品あふれる皇子を好演する。23日まで。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 紀元前14世紀の古代オリエントを舞台に、ヒッタイト帝国の動乱を描く。優れた才能で世継ぎと目される第3皇子カイル(真風)は、呪術のいけにえとして現代日本からタイムスリップさせられた女子高生、ユーリ(星風)と出会う。カイルと反目し、実子に皇位を継がせたい王妃ナキア(純矢ちとせ)の仕業と知り、ユーリを側室に迎える。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです