メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR吉備線

岡山-総社間、LRT化へ 両市とJR合意 20.4キロ単線、時期は未定 /岡山

LRT化のイメージ図=岡山市提供

 岡山市と総社市を結ぶJR吉備線(桃太郎線)を次世代型路面電車(LRT)化することに、両市とJR西日本が合意した。3者が4日に記者会見して明らかにした。吉備線と並走する国道180号は渋滞が問題となっており、LRT化は渋滞解消の切り札になると期待される。開業時期は未定で、当面は都市計画の手続きなどを進め、基本計画の策定を目指す。【林田奈々】

 吉備線は、岡山-総社間を結ぶ20・4キロの単線路線。沿線には吉備津神社(岡山市北区)や最上稲荷(さいじょういなり)(同)など吉備路の観光スポットや住宅地が広がる。ただ、列車の運行本数は朝のピーク時で1時間に3本、通常は同1、2本と少なく、利用客数は1日1万1000人にとどまっている。沿線住民には車を利用する人が多く、岡山市方面に向かう国道180号は通勤時間帯に渋滞に悩まされてきた。

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  3. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  4. 「ミヤネ屋 うがい薬推奨の生中継は不適切」 市民団体がBPOに審議申立書

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです