特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

赤と白、迫力のエール おかやま山陽に「応援団賞」 /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
演奏で選手たちの背中を後押しするおかやま山陽の吹奏楽部員ら=阪神甲子園球場で2018年3月28日、益川量平撮影 拡大
演奏で選手たちの背中を後押しするおかやま山陽の吹奏楽部員ら=阪神甲子園球場で2018年3月28日、益川量平撮影

 <センバツ2018>

 第90回記念選抜高校野球大会の初戦の応援を対象にした「応援団賞」の優秀校(5校)に、おかやま山陽が選ばれた。

 センバツ初出場のおかやま山陽は3月28日、初戦で乙訓(おとくに)(京都)と対戦。試合には敗れたが、赤色のブルゾンと白色の帽子でコントラストをつけた保護者らがアルプススタンドに詰め掛け、ナインにエールを送った。審査では、こうしたスタンドの風景や、吹奏楽部の演奏と野球部員らの声援が合わさった応援を「迫力があった」と評価した。

 自らもトランペットを吹いて球場を盛り上げた吹奏楽部顧問の松本壮史(まさふみ)教諭(46)は「『受賞できれば』と思っていたので、ありがたい。次に出場した際にはもっとレベルアップしたい」と喜んだ。スタンドに足を運んで応援した原田一成(かずなり)校長は「受賞を聞いて驚いたが、うれしい。これを励みにし、もっと一体感を出せるような応援態勢を作りたい」と話した。【益川量平】

関連記事

あわせて読みたい