メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立広島叡智学園

主体性持つ人材育成を 来春開校、林校長が抱負 /広島

広島県立広島叡智学園の校長に就任した林史氏=広島市中区で、東久保逸夫撮影

 来年4月に大崎上島町に開校する全寮制の併設型中高一貫校「県立広島叡智学園」の初代校長となった林史氏(46)が4日、県庁で就任会見を開き、「学園への情熱は誰よりも強い。世界で一番生徒が輝くプロジェクトになるようまい進していきたい」と抱負を語った。

 林校長は1994年に英語教諭になり、2015年からは県教委学びの…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]