メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者有情

持ち回り審査 /福岡

 「貞操感がない」「不良な子孫の出生を防止する必要がある」。福岡共同公文書館が保管していた旧優生保護法に基づく強制不妊手術の資料には、審査会委員の所見など書面による持ち回り審査の記録があった。

 同法に詳しい立命館大の松原洋子教授は「手術の適否を判断する際に義務づけられたのが審査会。病気が本当に遺伝性…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]