メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

福岡城まるごとミュージアム 散策がてらアートに触れて 美術家6人の作品点在 8日まで /福岡

 「福岡城まるごとミュージアム」と題する現代アートイベントが、福岡市中央区の福岡城跡で開かれている。「福岡城さくらまつり」に合わせ、同市と同市文化芸術振興財団が実行委員会を組織し、初めて企画した。国内外の有力美術家6人の作品が屋内外に点在している。【渡辺亮一】

 普段は立ち入ることができない多聞櫓(やぐら)内に展示されているのは、京都市でギャラリー「KUNST ARZT」を運営する岡本光博の「LINE」。毒とユーモアが際立つ8点のインスタレーションで構成する。そのうちの一つ、「LINE1」(2018年)。顔こそ見えないものの、強化繊維プラスチックでこしらえられた彫刻の後ろ姿は、老若男女誰もが知る国民的人気マンガの主人公(ネコ型ロボット)にそっくりではないか。ポップなたたずまいを装いながら、観者の心をざわつかせる。

 立体だけでなく、映像も交えた「LINE」シリーズは例外なく刺激的で、ち密な仕掛けと計算に基づいて仕…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです