メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

福岡城まるごとミュージアム 散策がてらアートに触れて 美術家6人の作品点在 8日まで /福岡

 「福岡城まるごとミュージアム」と題する現代アートイベントが、福岡市中央区の福岡城跡で開かれている。「福岡城さくらまつり」に合わせ、同市と同市文化芸術振興財団が実行委員会を組織し、初めて企画した。国内外の有力美術家6人の作品が屋内外に点在している。【渡辺亮一】

 普段は立ち入ることができない多聞櫓(やぐら)内に展示されているのは、京都市でギャラリー「KUNST ARZT」を運営する岡本光博の「LINE」。毒とユーモアが際立つ8点のインスタレーションで構成する。そのうちの一つ、「LINE1」(2018年)。顔こそ見えないものの、強化繊維プラスチックでこしらえられた彫刻の後ろ姿は、老若男女誰もが知る国民的人気マンガの主人公(ネコ型ロボット)にそっくりではないか。ポップなたたずまいを装いながら、観者の心をざわつかせる。

 立体だけでなく、映像も交えた「LINE」シリーズは例外なく刺激的で、ち密な仕掛けと計算に基づいて仕…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文963文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]