メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

福岡城まるごとミュージアム 散策がてらアートに触れて 美術家6人の作品点在 8日まで /福岡

 「福岡城まるごとミュージアム」と題する現代アートイベントが、福岡市中央区の福岡城跡で開かれている。「福岡城さくらまつり」に合わせ、同市と同市文化芸術振興財団が実行委員会を組織し、初めて企画した。国内外の有力美術家6人の作品が屋内外に点在している。【渡辺亮一】

 普段は立ち入ることができない多聞櫓(やぐら)内に展示されているのは、京都市でギャラリー「KUNST ARZT」を運営する岡本光博の「LINE」。毒とユーモアが際立つ8点のインスタレーションで構成する。そのうちの一つ、「LINE1」(2018年)。顔こそ見えないものの、強化繊維プラスチックでこしらえられた彫刻の後ろ姿は、老若男女誰もが知る国民的人気マンガの主人公(ネコ型ロボット)にそっくりではないか。ポップなたたずまいを装いながら、観者の心をざわつかせる。

 立体だけでなく、映像も交えた「LINE」シリーズは例外なく刺激的で、ち密な仕掛けと計算に基づいて仕上げられている。「喜怒哀楽、陰と陽の両面を内包している」と岡本。現代日本の問題点や消費社会の有り様を風刺したり、笑いに落とし込んだりする作品の訴求力は高い。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

  5. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです