防衛省

硫黄島に防空レーダー整備方針 中国空母進出備え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 防衛省は、伊豆、小笠原両諸島など太平洋側の島しょ部の防空体制を強化するため、硫黄島(東京都小笠原村)に固定式警戒管制レーダーを整備する方針を決めた。今年度から3年間で訓練用レーダーの機能を強化し、2020年度の運用開始を目指す。中国の海洋進出に直面する南西諸島に比べて防備が手薄だったが、中国軍が空母の運用を開始し、…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

ニュース特集