メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う 与党で再発防止策 萩生田光一・自民党幹事長代行

=宮本明登撮影

 --森友学園に関する財務省の決裁文書改ざん問題をどう見ているか。

 ◆正直、びっくりして衝撃を受けた。国民の信頼を失ったら、行政は立ち行かない。真相解明と再発防止を図ることが、信頼回復への第一歩だ。

 --衆参両院での佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問では真相が解明されなかった。

 ◆佐川氏が「刑事訴追の恐れがある」と証言を拒否することは想定できたことで、「これで疑惑が深まった」と言うのは稚拙だ。誰が改ざんしたかは言えなくても、「何のために」という理由は言ってほしかったとは思う。ただ、偽証罪に問われる立場で「政治家の圧力、指示はない」と証言したのは、役人出身者の最後のプライドだったのではないか。「誰かが佐川氏を振り付けて、政府をかばった」ということはあり得ない。

 --安倍晋三首相の妻昭恵氏の証人喚問の必要性は。

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです