米国

シリア撤収で政権対立 トランプ氏「早期に」/軍幹部は反対

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之】シリアに派遣した米軍の撤収を巡り、トランプ政権内の意見対立が続いている。過激派組織「イスラム国」(IS)駆逐という主目的を「ほぼ達成した」として、早期撤収を主張するトランプ大統領に対し、米軍首脳らは「IS残党の掃討戦が続いている」と時期尚早論を唱える。「近く決断する」というトランプ氏の動向に注目が集まっている。

 トランプ氏は3日、バルト3国首脳との会談後の記者会見で、シリアから米軍を早期撤収させる意向を改めて示し、「米国は過去17年間、中東地域で7兆ドル(約750兆円)を使ったが、死と破壊以外は何ひとつ得ていない」との持論を展開。さらに、駐留継続を望むサウジアラビアを名指しし「我々に残ってほしいのならば、費用を負担すべきだ」と強い不満を漏らした。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文956文字)

あわせて読みたい

注目の特集