メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露・トルコ・イラン首脳会談

シリア内戦終結へ主導

 【モスクワ大前仁】ロシア、トルコ、イランの首脳会談が4日、トルコの首都アンカラで開かれ、シリア情勢の安定に向けて協力を深めることで一致した。過激派組織「イスラム国」(IS)がほぼ壊滅状態となり、アサド政権が反体制派との戦いで圧倒的優位に立つ中、後ろ盾となるロシアとイランがトルコを交え、内戦終結に向けた動きを主導していく構えを鮮明にした。

 3カ国首脳会談は昨年11月以来、2回目。会談後に発表された共同声明は「首脳らはシリアの主権、独立、統一、領土の一体性(を尊重し)、宗教的な配分主義に陥らないように揺るぎなく取り組んでいくと表明した」と明記した。さらに、3カ国が中心となる和平へ向けた動きが「国際社会で唯一機能しているイニシアチブだ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです