地球温暖化

適応「情報不足」 対策担う自治体の7割 毎日新聞調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地球温暖化に伴う被害を軽減する対策(適応策)の推進に対し、地域での対策を担う都道府県と政令市の約7割が「影響予測や対策に関する科学的な情報が不足している」と毎日新聞の全国調査に回答した。適応に関する計画は、9割超が策定済みか策定を予定しているが、情報不足が実行を滞らせる可能性がある。(3面にクローズアップ)

 政府は適応策に関する法案を提出。今国会で成立する見込みだ。調査は全国47都道府県と20政令市を対象に書面で実施し、67自治体全てから回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1089文字)

あわせて読みたい

注目の特集