メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-渡辺明棋王 第53局の2

作戦図星

 盤上は予想通り角換わりに進んだ。二人は本局のひと月ほど前に他棋戦でも当たり、角換わりの大激戦を渡辺が制している。敗れた側が工夫を凝らして雪辱を期す。勝負の世界の常である。

 しかし、三浦が、負ければ陥落の大一番に起用したのは、さらに真新しい前例だった。本局のわずか6日前に指された棋王戦五番勝負の第2局。渡辺棋王に若手の永瀬拓矢七段が挑んだ。

 図をご覧願いたい。早繰り銀から棒銀にして[先]3五歩。一撃で相手を倒す威力はないが、永瀬七段は、こ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  2. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです