連載

幻の科学技術立国

「科学技術創造立国」を目指してきた日本は、中国など新興国が急速に台頭してくる中で存在感を失いつつあります。現場を歩きながら衰退の原因を探り、再生の道を考えます。

連載一覧

幻の科学技術立国

第1部 「改革」の果てに/1 得意の材料分野で周回遅れ 衰退の現場を歩く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <科学の森>

 近年、日本の研究力を示す各種指標は低下の一途をたどり、中国を筆頭に科学技術新興国が台頭する中で、日本の存在感は急速に失われつつある。皮肉にも、政府はこの十数年間、科学技術政策を成長戦略の柱と位置付け、研究費配分の「選択と集中」や国立大の法人化など、さまざまな政策を進めてきた。第1部では、待ったなしの衰退の現場を歩き、こうした「改革」の副作用を考える。

この記事は有料記事です。

残り3063文字(全文3247文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集