メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手探りの道徳

教科化元年/上 「考える」授業、戸惑いも 書店には評価文例集

道徳の公開授業で語りかける岡本治美教諭。結論を押しつけず、子どもたちの議論の調整役に徹した=東京都国分寺市の市立第五小学校で2月、水戸健一撮影

 ヨットレースで先頭を走るチームの選手が海に投げ出された。メダルを狙える後続のチームはレースと人命救助のどちらを優先すべきか--。東京都国分寺市立第五小学校で2月にあった道徳の公開授業。「海に落ちたのを見て後ろの選手はどんなことを考えたのかな」。担任の岡本治美教諭が4年生の27人に問いかけると、次々と手が挙がった。

 題材は1964年の東京五輪でライバルを救った兄弟の物語。「命は取り戻せないけど、メダルはまた狙える」「国に金メダルを持ち帰るために練習してきた。海に落ちた選手は他の船が助ける」。選手に自身を重ねて葛藤し、意見を出し合う子どもたちの姿に、岡本教諭は手応えを感じた。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです