メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

次々に削除の発言 議事録は歴史資料でないのか

参院予算委員会で質問する自民党の和田政宗氏=国会内で2018年(平成30年)3月19日、川田雅浩撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る国会審議で、財務省の太田充理財局長に「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているのか」と質問した自民党の和田政宗参院議員の発言が議事録から落とされることが決まった。議事録は国会論戦を国民に伝える公式記録であり、将来に残す歴史資料でもある。安易に削除することに問題はないのか、考えてみた。【佐藤丈一】

 3月19日の参院予算委員会。和田氏は太田氏が民主党政権時代に「野田(佳彦前)首相の秘書官を務めていた」とも指摘した。国有地の大幅な値引きに首相官邸の関与があったのではないか--。野党の追及を受ける安倍政権を擁護するため、財務省への疑念を強調する狙いがあったとみられる。ただ、国会議員として「政と官」の常識を逸脱した発言で、太田氏は「いくら何でもご容赦ください」と反発した。

 また自民党の渡辺美樹参院議員も同月13日の中央公聴会で過労死遺族を前に「週休7日が人間にとって幸せなのか」と発言。これらの発言は自民党内からも「国会にふさわしくない」(参院幹部)と批判が出て、本人の申し出で議事録から落とすことを決めた。

この記事は有料記事です。

残り1529文字(全文2010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです