特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

「拾った命」24歳男性、津波機に薬剤師に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自らを一度のみ込んだ海を見つめる作山さん。4月から薬剤師になった=福島県いわき市小名浜で2018年3月7日午後4時46分、斎藤文太郎撮影
自らを一度のみ込んだ海を見つめる作山さん。4月から薬剤師になった=福島県いわき市小名浜で2018年3月7日午後4時46分、斎藤文太郎撮影

 「拾った命。死ぬ気で生きよう」。東日本大震災で津波に流され一命を取り留めた人の中には、そう考え、新たな人生を切り開く人がいる。福島県いわき市出身の作山順さん(24)もその一人だ。九死に一生を得た経験から、命を守る仕事を志した。水産高校出身だが、大学の薬学部に進み、薬剤師の国家試験を突破。4月、福島を離れ、秋田市の大学病院で薬剤師として第一歩を踏み出した。

 「進学できないぞ」。そう中学の教員に心配されるほど勉強が嫌いだった。県内で唯一の水産高校に入学した理由は、自宅に近いから。好きな釣りができない時は携帯ゲーム。震災当日も朝方までゲームに熱中し、昼過ぎに起きる自堕落な日々だった。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文958文字)

あわせて読みたい

注目の特集