メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

「女性土俵下りて」不適切だった 突然で動揺

春日野巡業部長=三村政司撮影

 大相撲の春巡業中に救命処置のために土俵に上がった女性に場内放送で下りるように促したことについて、日本相撲協会の春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)は5日、巡業先の兵庫県姫路市内で取材に応じ、「不適切だったと認める。今後は突然のことでも対応できるようにしたい」と話した。

 この場内放送は4日に京都府舞鶴市で行われた巡業であった。あいさつに立った多々見良三・舞鶴市長が倒れたため、土俵上で心臓マッサージなどの救命処置を施していた警察官やスタッフらとともに観客とみられる複数の女性が含まれていた。協会側は場内放送で「女性の方は土俵から下りてください」と数回促していた。

 大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされている。場内放送を担当した行司と話したという春日野部長は「動揺していた。急なことで対応に戸惑っていた。とにかく女性が土俵に上がっていることが頭にあったようだ」と説明した。八角理事長(元横綱・北勝海)は4日、「人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と謝罪のコメントを発表した。【村社拓信】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです