メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット通販

受取先は店舗 客、小売り双方にメリット

ユニクロはネット通販の店舗受け取りの送料無料化で、利便性や集客力の向上を狙う=東京都中央区のユニクロ銀座店で2018年4月4日、今村茜撮影

 客がインターネットで注文した商品を自宅ではなく、希望する店舗で受け取れるサービスが大手小売りで人気を呼んでいる。自宅で受け取る通常のネット通販は、客が受取時間帯に家で待たなければならないなど不自由な面もあり、不満の声が上がっていた。小売り大手にとっては、宅配の物流費を抑制できるほか、店舗への集客で、アマゾンなどネット専業の通販に対抗する狙いもある。【今村茜】

 客が自宅への配送ではなく、店舗での商品受け取りを希望するケースは、ネット通販の限定商品や最寄りの店…

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1517文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです