メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
米中

制裁の応酬 「取引」成算不透明

「中国製造2025」の重点分野

対象拡大、米で反対論も

 米国が500億ドル規模の制裁措置案を発表すれば、中国はすかさず同規模の報復措置で応酬した。互いに交渉の余地は残しているが、譲歩を渋れば「貿易戦争」に発展しかねない危険な賭けでもある。米中間の貿易摩擦は新たな段階に突入した。

 中国による報復関税の発表を受け、トランプ米大統領は4日、巨額の対中貿易赤字や知的財産権侵害について「これを続けさせられない」とツイッターに投稿し、改めて是正に意欲を表明した。

 強硬な通商政策は政権の金看板だ。特に知的財産権侵害や技術移転の問題は、3月下旬に発動した鉄鋼・アル…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです