メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア撤収

米政権内で意見対立 軍幹部は時期尚早論

 【ワシントン会川晴之】シリアに派遣した米軍の撤収を巡り、トランプ政権内の意見対立が続いている。過激派組織「イスラム国」(IS)駆逐という主目的を「ほぼ達成した」として、早期撤収を主張するトランプ大統領に対し、米軍首脳らは「IS残党の掃討戦が続いている」と時期尚早論を唱える。「近く決断する」というトランプ氏の動向に注目が集まっている。

 トランプ氏は3日、バルト3国首脳との会談後の記者会見で、シリアから米軍を早期撤収させる意向を改めて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです