メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア撤収

米政権内で意見対立 軍幹部は時期尚早論

 【ワシントン会川晴之】シリアに派遣した米軍の撤収を巡り、トランプ政権内の意見対立が続いている。過激派組織「イスラム国」(IS)駆逐という主目的を「ほぼ達成した」として、早期撤収を主張するトランプ大統領に対し、米軍首脳らは「IS残党の掃討戦が続いている」と時期尚早論を唱える。「近く決断する」というトランプ氏の動向に注目が集まっている。

 トランプ氏は3日、バルト3国首脳との会談後の記者会見で、シリアから米軍を早期撤収させる意向を改めて…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです