メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン沖

武装組織、サウジタンカー攻撃「空爆の報復」

 【カイロ篠田航一】イエメン西部ホデイダ沖で3日、紅海を航行中のサウジアラビアの石油タンカーが、イエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ」のミサイル攻撃を受けた。サウジ国営通信などによると、タンカーの損傷は軽微で負傷者もなく、そのまま航行を続けたという。現場周辺は海上交通の要衝のため、攻撃が続けば国際船舶の航行への影響が懸念される。

 イエメンでは2014年以降、サウジが支援するハディ大統領側と親イランのフーシの対立が激化。フーシが…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです