メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発

構内の桜並木に春の訪れ 400本が満開

満開を迎えた東京電力福島第1原発構内の桜並木=福島県大熊町で2018年4月4日午後0時6分、喜屋武真之介撮影

 廃炉作業が続く東京電力福島第1原発で、桜が満開を迎えた。

 構内には歴代の東電OBによりソメイヨシノなど約1200本が植えられ、原発事故前までは地域住民らを招いた「花見会」などが開催されていた。事故後は除染作業などで多くが伐採されたが、約1キロの桜並木が続く「さくら通り」を中心に今も約400本が残る…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです