メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スズキメソード

両陛下お迎えしコンサート

「第54回スズキ・メソード グランドコンサート」の鑑賞に臨まれる天皇、皇后両陛下と高円宮妃久子さま=東京・両国国技館で2018年4月4日午後4時26分(代表撮影)

故・鈴木鎮一氏の生誕120周年記念

 バイオリンなど音楽を通じた幼児の早期教育で世界的に知られる故・鈴木鎮一(しんいち)氏の生誕120周年を記念した第54回「スズキ・メソードグランドコンサート」(才能教育研究会主催)が4日、東京都墨田区の両国国技館で天皇、皇后両陛下をお迎えして開かれた。

     バイオリンやピアノ、チェロ、フルートを学ぶ全国のスズキ・メソードの子どもたち約2000人が演奏。豪州をはじめ海外からも約30人が参加し、モーツァルトやバッハなど約20曲を次々に弾いた。

     今回の特色は、エル・システマジャパンの子どもオーケストラとの共演。エル・システマは1975年にベネズエラで生まれた音楽活動で、どんな子どもも音楽を通じて生きる力を育む理念を持ち、創設にスズキ・メソードの指導者が関わったことでも知られる。東日本大震災を機に日本でもエル・システマジャパンが生まれ、この日、福島県相馬市と岩手県大槌町のエル・システマ子どもオーケストラのメンバーが、スズキの子どもたちと共演した。【小島正美】

    大勢の演奏者が参加した鈴木鎮一生誕120周年記念「第54回スズキ・メソード グランドコンサート」=2018年4月4日午後4時52分、根岸基弘撮影

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
    2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
    5. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]