メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴

倒れた市長の救命女性に相撲協会「土俵から下りて」

多々見良三・舞鶴市長

八角理事長「人命にかかわる状況には不適切な対応」

 4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で行われた大相撲の春巡業の土俵上で、あいさつをしていた多々見良三舞鶴市長(67)が突然倒れ、市内の病院に搬送された。

 会場に居合わせた日本相撲協会関係者や現場を訪れていた地元関係者によると、多々見市長が倒れた直後に、警察官やスタッフらが土俵に上がり、心臓マッサージなどの救命処置を施していた。その中に観客とみられる複数の女性が含まれており、協会側は場内放送で「女性の方は土俵から下りてください」と数回促…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  2. JR山田線 最終列車見送る駅長 きょうから5駅で無人化
  3. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  4. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原
  5. みんなの広場 「原爆落ちろ」叫んだあなたへ=高校生・新貝彩菜・18

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]