メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 全国に子ども食堂 「地域交流や貧困対策に」

子ども食堂の数
東京都豊島区にある子ども食堂

 地域ちいきどもたちに無料むりょうひく値段ねだん食事しょくじ提供ていきょうする「ども食堂しょくどう」が全国ぜんこくに2286かしょひらかれているとの調査結果ちょうさけっかがまとまりました。食堂しょくどうひらいているひとたちの団体だんたい「こども食堂安心しょくどうあんしん安全向上委員会あんぜんこうじょういいんかい」が3日発表みっかはっぴょうしました。

     この団体だんたい今年ことし1~3がつ調しらべ、都道府県別とどうふけんべつでは、東京都とうきょうと大阪府おおさかふ神奈川県かながわけんなどの都市部としぶおおかったです。ただ、徳島県とくしまけん長崎県ながさきけんなど5けんひとけたにとどまっていて、地域ちいきによってがあります。

     団体代表だんたいだいひょう湯浅誠ゆあさまことさんは「お年寄としよりからどもまでがつど地域交流ちいきこうりゅう場所作ばしょづくりと、貧困対策ひんこんたいさく両面りょうめんから、ひろがったのではないか」とはなしています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
    2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
    3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
    4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
    5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです