連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

フィリピン人気観光地「ボラカイ島」を半年閉鎖、環境悪化で清掃

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 4月4日、フィリピンのドゥテルテ大統領は国内有数の観光地であるボラカイ島を、26日から半年間閉鎖することを承認した。島内では施設の下水を直接海に放出する違法行為が横行しており、今回の閉鎖で大規模な清掃が可能になる。写真は2016年1月撮影(2018年 ロイター/Charlie Saceda) 拡大
 4月4日、フィリピンのドゥテルテ大統領は国内有数の観光地であるボラカイ島を、26日から半年間閉鎖することを承認した。島内では施設の下水を直接海に放出する違法行為が横行しており、今回の閉鎖で大規模な清掃が可能になる。写真は2016年1月撮影(2018年 ロイター/Charlie Saceda)

 [マニラ 4日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は4日、国内有数の観光地であるボラカイ島を、26日から半年間閉鎖することを承認した。シマツ環境資源相によると、島内では施設の下水を直接海に放出する違法行為が横行しており、大統領は島を「下水のたまり場」と表現、今回の閉鎖で大規模な清掃が可能になるという。

 大統領報道官は、この決定をツイッターで発表したが、詳細は明らかにしなかった。政府高官は、影響を受ける企業には経済支援を行うとしている。

 ボラカイ島は、砂糖のような白砂と充実したナイトスポット、豊富なウォータースポーツの提供が魅力。内外の観光客に最も人気の訪問先で、昨年は約200万人が訪れた。五つ星ホテルなど高級宿泊施設や海岸のレストランなどが島の収入源となっており、住民数千人が雇用されている。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集