メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中制裁、10兆円規模追加関税 大統領、USTRに検討指示

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は5日、中国による知的財産権侵害を問題にした制裁措置を巡り、新たに1000億ドル(約10兆7000億円)規模の中国製品を対象にした追加関税を検討する方針を表明した。表明済みの500億ドル分と合わせると計1500億ドル(約16兆円)に膨らむ。中国は500億ドル規模の米国製品を対象とする報復関税を表明しており、大幅増額の検討を通じて中国への圧力を強める狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は声明で「中国は自らの不正を正すのではなく、(報復関税で)米国の農業や製造業に損害を与え…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです