メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧吉田家住宅

魅力知って 柏市、月1回の貸し切りツアー /千葉

 江戸時代の豪農の暮らしぶりを伝える「旧吉田家住宅歴史公園」(柏市花野井)の魅力アップのため、柏市は非公開の骨董(こっとう)品などの紹介とランチをセットにした貸し切りツアー「秘蔵ガイド+ランチ」を始める。一般財団法人柏市みどりの基金が2015年に同公園の指定管理者になって以降、コンサートや結婚式、ヨガのイベント、コスプレ撮影などに貸し出しており、今回も新たなイベントで集客につなげたい考えだ。

     同住宅は、旧花野井村の名主を代々務めた豪農吉田家の住宅。土地や建物などが2004年に市に寄贈され、公園整備。建物群は10年に国の重要文化財に指定されている。

     今回のツアーは、9日を皮切りに10月まで毎月1回の計7回開催予定。約180年前に建てられ、普段非公開の土蔵「向蔵(むかいぐら)」内部が公開され、学芸員の渡辺健二館長がガイドとなり、約200点の掛け軸や客人用の漆器類、江戸末期から明治初めの書籍などを見学できる。

     また、吉田家が市内に誘致した昭和初期開設の柏競馬場(戦後閉鎖)に出店していた西洋料理店「冨士見軒」3代目シェフの料理を、庭園を眺められる書院で味わえる。渡辺館長は「新しい活用の仕方で、施設の魅力を発見してほしい」と話している。

     1回のツアーで2回(定員計40人)のガイドがある。9日のツアーは募集が終了。5月7日の次回分の申し込みは4月10日から。費用は1人2000円(税込み)。問い合わせは同公園(04・7135・7007)。【橋本利昭】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. チリ 「121歳」の男性死亡
    3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
    5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]