メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優良ふるさと食品中央コンクール

モッコウバラ酒が農水大臣賞受賞 開発者ら半田市長に報告 /愛知

 国の登録有形文化財・小栗家住宅(半田市中村町)の庭に咲く白モッコウバラの花の酵母を使った酒「愛してる2017セット」が、2017年度優良ふるさと食品中央コンクール(一般社団法人・食品産業センター主催)で農林水産大臣賞を受け、開発した愛知県立大の小栗宏次教授と中埜酒造(半田市)の中埜昌美社長らが同市役所を訪れ、榊原純夫市長に受賞を報告した。

 庭の白モッコウバラは樹齢約150年の古木。幹がハート形になっているのが特徴で、4月中旬から5月にか…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文460文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]