メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンリ・シャルパンティエ浜大津店

商店街の「起爆剤」今月末閉店 空洞化深刻 住民から惜しむ声 /滋賀

閉店が決まったアンリ・シャルパンティエ浜大津店=大津市長等2で、成松秋穂撮影

 大津市中心部の「なかまち商店街」にある人気洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」(同市長等2)が今月末で閉店することが5日、分かった。空き店舗が目立つ商店街にかつての活気を取り戻そうと、地元経営者らによるまちづくり会社「百町(ひゃくちょう)物語」が2015年に誘致した「起爆剤」の撤退。全国各地で進む中心市街地の空洞化は、大津でも深刻さを増している。【成松秋穂】

 「アンリ」は兵庫県芦屋市が本店で、デパ地下を中心に国内外93店舗を構える。商店街活性化の起爆剤を期待した「百町物語」の誘致に応え、15年4月に浜大津店がオープンした。開店直後から人気を集めたが、店内の喫茶スペースを昨年3月末に閉鎖。ケーキなどの販売は続けていたが、今年3月に撤退を決めた。運営するシュゼット・ホールディングス(同県西宮市)の広報担当者は「店舗の設備は譲渡するので、今後のまちづくりに…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです