メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 放射線量7年の実態 あす福島の吉野さん講演 田辺 /和歌山

 東京電力福島第1原発事故から7年を経た被災地の現状を語る「福島からの報告 原発事故による放射能汚染の実態」が7日午後2時から、田辺市上屋敷2のカトリック紀伊田辺教会ログハウスである。参加無料。

 講師は、福島県内の子供たちの保養活動に取り組み、放射線量測定を続けているNPO法人シャローム災害支援センター代表の吉野裕之さん。

 吉野さんは、事故直後に妻と長女を京都市内に避難させ、家族と7年間離れて暮らしており、原発避難者訴訟の原告の一人でもある。公園や通学路に足を運び、子供たちの行動に合わせて地上10センチ、50センチ、100センチのそれぞれの高さで放射線量を計測し、データを地図や衛星写真に落とし込んでホームページで公開している。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです