メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

紀の川市立粉河小学校 地元から「ゲストティーチャー」 古里の文化に触れ愛着を /和歌山

粉河祭の花形であるだんじりを飾るちょうちんについて説明する小畑雅行さん(右端)=和歌山県紀の川市粉河の粉河小学校で、山成孝治撮影

 創立146年を迎えた紀の川市立粉河小学校(嘉本(かもと)知子校長)が、地元の人たちを「ゲストティーチャー」として招くなど地域に根ざした学習に取り組んでいる。児童に地域の歴史や文化に触れてもらうことで、古里に愛着や誇りを持ってもらうのが狙いだ。

 2月下旬、3年生2クラスで「粉河祭」をテーマにした特別授業があった。粉河祭は、学校にもほど近い粉河寺の鎮守社である粉河産土(うぶすな)神社の祭礼。県の無形民俗文化財にも指定され、今年は7月27~29日の3日間の日程で開かれる。

 この日のゲストティーチャーを務めたのは、「とんまか通り」で種苗店を営む小畑雅行さん(64)。約40…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです