メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

紀の川市立粉河小学校 地元から「ゲストティーチャー」 古里の文化に触れ愛着を /和歌山

粉河祭の花形であるだんじりを飾るちょうちんについて説明する小畑雅行さん(右端)=和歌山県紀の川市粉河の粉河小学校で、山成孝治撮影

 創立146年を迎えた紀の川市立粉河小学校(嘉本(かもと)知子校長)が、地元の人たちを「ゲストティーチャー」として招くなど地域に根ざした学習に取り組んでいる。児童に地域の歴史や文化に触れてもらうことで、古里に愛着や誇りを持ってもらうのが狙いだ。

 2月下旬、3年生2クラスで「粉河祭」をテーマにした特別授業があった。粉河祭は、学校にもほど近い粉河寺の鎮守社である粉河産土(うぶすな)神社の祭礼。県の無形民俗文化財にも指定され、今年は7月27~29日の3日間の日程で開かれる。

 この日のゲストティーチャーを務めたのは、「とんまか通り」で種苗店を営む小畑雅行さん(64)。約40…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 菊之助さん9日公演から復帰 「風の谷のナウシカ」上演中にけが

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです