メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

大濠・舞鶴公園(福岡市) 都会のオアシス、融合へ /福岡

 福岡市中心部からすぐの大濠公園と舞鶴公園は、市民だけでなく国内外の観光客も訪れる緑豊かな都会のオアシスだ。夏には恒例の花火大会(大濠)が開かれ、国史跡「福岡城跡」があり、花見の名所としても知られる。

 大濠公園は、福岡城建築時に博多湾の入江だった地を外濠(そとぼり)として利用したことに始まる。1927年開催の東亜勧業博覧会を機に造園され、29年に県営公園としてオープンした。公園の池は約2キロの周遊道で囲まれており、年間を通じてジョギングや散歩を楽しむ人でにぎわう。園内には日本庭園や能楽堂、福岡市美術館(現在リニューアル工事中)などの施設が点在。春休みや夏休みになると「ボートハウス大濠パーク」内のレンタルボート乗り場は、長い時で100分待ちになる人気ぶりだ。昨年には、池に浮かぶ「中の島」のライトアップ施設が完成した。夜には照らされた木々が水面に映し…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです