メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平昌パラリンピックで見えた課題 冬季競技の裾野拡大を=谷口拓未(東京運動部)

平昌パラリンピックの男子スーパー大回転座位。狩野亮は3連覇を逃した=旌善アルペンセンターで3月11日、宮武祐希撮影

 平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピック(3月9~18日)で、日本選手団は金3個を含む計10個のメダルを獲得した。障害者スポーツのトップ選手の競技環境が近年改善されたことが一定の効果を生んだが、手放しでは喜べない。国は2020年東京夏季大会も見据え、資金投入などでパラリンピック競技を強化しようとしているが、必ずしも全体的な競技力の底上げに直結していないからだ。磨けば光る若手が次々に現れるためには、障害者がスポーツに挑戦しやすい環境が全国で整い、裾野が広がることが重要だ。

この記事は有料記事です。

残り1800文字(全文2037文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです