メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米フェイスブック

個人情報流出 IT業界モデルに不信感

フェイスブックからの個人情報流出の構図

 【ニューヨーク國枝すみれ】20億人以上の利用者を持つ世界最大のソーシャルメディア・米フェイスブック(FB)が揺れている。2016年米大統領選で当選したトランプ大統領の陣営のデジタル戦略を担ったデータ分析会社が、FBの利用者8700万人(推計)の個人情報を不正に取得したためだ。膨大な個人情報を収益源とするIT業界のビジネスモデルにも、不信の目が向けられる事態になっている。

 このデータ分析会社はケンブリッジ・アナリティカ(CA)。「米国の有権者約2億3000万人について5000種のデジタル情報を持っています。この貴重な情報を使い、あなた向けの有権者を選び出し、説得して、投票させます」。トランプ陣営のためにデジタル情報収集から広告制作まで請け負ったCAはウェブサイトで堂々とうたう。「五大陸で100以上の選挙運動に関与。米大統領選の勝利に決定的な役割を担いました」

 CAは13年6月、英国SCLグループの米拠点として設立された。SCLは英米政府を顧客とし、テロ組織による若者の過激化防止のための心理作戦などに従事するコンサルティング会社だ。CAにはトランプ陣営への最大の資金援助者である大富豪ロバート・マーサー氏が出資。後にトランプ氏の側近となるスティーブ・バノン氏が副社長に就任した。

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2652文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです