連載

この50年の世界

2018年の幕が開いた。半世紀前の1968年は激動の年だった。「歴史の転換点だった」と言える事件や政変、紛争などが立て続けに起きた。今年の国際面では1年を通じて68年に着目し、「今」に及ぼす影響を探る。

連載一覧

この50年の世界

1968~2018 キング師の夢半ば 分断残る米社会、SNSで対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米国の黒人問題を巡る動き
米国の黒人問題を巡る動き

 【メンフィス(米南部テネシー州)長野宏美】米国の公民権運動の黒人指導者、マーチン・ルーサー・キング牧師が凶弾に倒れてから4日で50年。キング牧師が「肌の色でなく、人格そのもので評価される国になる」ことを夢見た米国はこの間、何が変わったのか。

 西部カリフォルニア州サクラメントで今年3月、車上荒らしの通報を受けて現場に駆けつけた警官が、逃走しようとした黒人男性(22)が銃を持っていると誤認し、射殺した。男性が実際に手にしていたのは携帯電話だったが、20発も発砲された。人種的な偏見だとして怒った人々が連日、デモで抗議した。

 これに限らず、米国では黒人が警官に暴力を受ける例が後を絶たない。2013年には「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ)」を合言葉に抗議活動を行う運動が全米に広まった。

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1790文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集