メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

知財侵害の制裁、中国次第で発動 大統領報道官記者会見

 【ワシントン、北京・共同】サンダース米大統領報道官は4日の記者会見で「中国側の態度に変化がないなら、われわれは前進する」と述べ、中国政府の対応次第で知的財産権の侵害を理由とする制裁措置を発動する方針を表明した。一方、国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は、中国との対話による問題解決に期待感を示した。

 ただ、中国共産党の機関紙、人民日報は5日、トランプ米政権の保護主義的な政策が米国でも批判を浴びていると報道。「崖っぷちでとどまることが米国の唯一の道だ」として制裁発動を断念するよう要求している。両国が早期に歩み寄る兆しは見えていない。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです