メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城・東海第2原発

資金支援計画 原電経営、収益に課題 再稼働以外見込めず

原電と新協定を結んだ6市村

 原子力規制委員会の審査会合が5日、日本原子力発電に対する東京電力ホールディングス(HD)と東北電力の資金支援計画をおおむね了承し、東海第2原発(茨城県東海村)は再稼働と運転延長に向けて一歩前進した。ただ再稼働の前提となる地元自治体の事前同意を得られるかは不透明。再稼働以外に大きな収益源が見込めない原電の経営の先行きは依然として見通せないままだ。

 原電は審査会合で両電力の社長名で「原電に資金支援を行う意向がある」と記した文書を示し、規制委は再稼働に必要な安全対策費1740億円を工面できると判断した。だが福島第1原発事故で、国から8兆円超の賠償資金を受けながら経営支援に回る東電に対しては批判も出そうだ。

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです