メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期将棋名人戦七番勝負 11日開幕 最高峰巡る熱闘 佐藤天彦名人、羽生善治竜王に聞く

=宮間俊樹撮影

 佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦する将棋界最高峰のタイトル戦「第76期名人戦七番勝負」(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は11日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開幕する。前々期は十九世名人資格者で史上単独3位の9期を保持した羽生に佐藤が挑み、4勝1敗で奪取して20代の名人が誕生。前期は20代同士の対戦で稲葉陽八段(29)を破った佐藤が初防衛を果たした。佐藤が3連覇を果たして永世名人への道を進むか、羽生が返り咲くか。羽生が名人を獲得すると、名人10期の大台に乗り、歴代最多の通算獲得タイトルも100期の大台に乗る。【山村英樹】

 将棋界で最も伝統と名誉がある名人戦七番勝負がいよいよ幕を開ける。

この記事は有料記事です。

残り4477文字(全文4793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです