メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 飯舘の102歳自殺 東電幹部が謝罪「つらい決断させた」

大久保文雄さんの遺族の美江子さん(左)に謝罪する東京電力幹部=福島県飯舘村で2018年4月5日午後2時29分、代表撮影

 東京電力は5日、福島第1原発事故による避難指示を受けて自殺した福島県飯舘村の大久保文雄さん(当時102歳)の遺族に謝罪した。自殺と事故の因果関係を認める福島地裁判決(2月20日)が確定したことを受け、東電福島復興本社の近藤通隆副代表ら3人が同村の遺族宅を訪れた。

 近藤副代表は、文雄さんの次男の妻で原告と…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ 国定額給付金 郵送申請分を含め東部4市支給開始 /山口

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです