メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳卒中

リハビリ改善 アルツハイマー薬応用 横浜市大などが発見

 脳卒中後のリハビリ効果を大幅に高める可能性がある薬を見つけたと、横浜市立大と富士フイルム傘下の富山化学工業(東京)などの研究グループが6日付の米科学誌サイエンスに発表した。もともとアルツハイマー病の薬として開発されたもので、マウスとサルの動物実験で効果を確認した。富山化学工業は今秋以降に約40人規模の患者に治験を始める。

 この薬は脳卒中で損傷した部分に効き、リハビリと併用すると脳の情報伝達をつかさどる「受容体」の働きを増やす効果がある。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです