メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/243 第7章 4=高村薫 田中和枝・挿画監修

 今日も多磨駅に立つ小野雄太は、結婚生活が男の心身に起こす変化の小さくないことを日々思い知らされている。向かいの果物屋の女将(おかみ)さんには、色つやがいいねえとからかわれるし、これまでどんなにしても治らなかった角膜のヘルペスが寛解したのは朗報だが、一カ月でベルトがきつくなったのはマジでヤバい。ほかにも今朝は、ミッドタウンのイルミネーションに合わせてユニオンスクエア東京の予約を取る約束を忘れていて、小野がごめんと謝ると、言い訳の一つもしてよと優子は口を尖(とが)らせ、小野は何を言われたのか、すぐには分からなかった。なんとも面倒臭いことだ。

 それでも業務は平穏だし、眼(め)の調子がいいせいで世界のすみずみまで活(い)き活きして見え、小さな…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文947文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]