メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

義歯安定剤 上手な使い方は

河相安彦教授

 テレビコマーシャルでよく見る義歯(入れ歯)安定剤。実は、歯科の世界では「本来は使う必要がない」とされてきた。しかし、一般には広く普及しており、必要性を感じる人も多い。メリットとデメリット、適切な使い方を専門家に聞いた。

 自分の入れ歯に必ずしも満足していない人が痛みの軽減や入れ歯のぐらつきの防止、「問題はないがカラオケ中に外れないように」といった安心感を求めて使う義歯安定剤。日本では1970年代以降に、広く使われるようになった。

 義歯安定剤には、大きく分けて二つの種類がある。一つは唾液に触れると粘着質になる物質を使い、義歯を口に密着させて安定させるもの。クリーム、パウダー、シートのタイプがある。

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです