メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーツを訪ねて

サッカーW杯日本代表候補/2 努力のドリブラー FW乾の恩師、山本佳司さん(54)

2007年1月に全国高校サッカー選手権でプレーする野洲高3年の時の乾(右)

 切れ味鋭いドリブルに優れたパスのセンス。スペイン1部リーグのエイバルでプレーするFW乾貴士(29)の大きな武器だ。昨年5月に日本人選手で初めて名門・バルセロナを相手に2ゴールを奪った。リーグ戦では今季の4得点を含めて通算10得点を挙げている。

 その卓越した技術は滋賀・野洲高サッカー部で磨かれた。華麗なパス回しや技術で攻めるスタイルが「セクシーフットボール」と称された同部では、技術練習に多くの時間を割いた。12種類あるドリブル練習では相手選手をイメージして、フェイントをかけたり、前方から来る選手を抜いたりする。乾が得意としたのは、リフティングのボールを高く蹴り上げ、それを再び保持するもの。他人の3、4倍練習する彼のドリブル…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです