メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

手術増加へ、親族も調査 北海道、52年・保健所長に通知

旧優生保護法下の北海道の4親等遺伝調査項目

4親等内に全29項目 芸能に興味/勉強嫌い 隣人・知り合いに聞き込み

 北海道が旧優生保護法(1948~96年)に基づく強制不妊手術の対象者を決める際、4親等以内の親族の性格や身体状況、嗜好(しこう)など全29項目の調査を徹底するよう保健所に通知していたことが判明した。障害の遺伝性を調べるのが目的だったとみられるが、「芸能に興味」「勉強嫌い」「短気」など根拠の不明な質問も数多く記されていた。【日下部元美、安達恒太郎】

 都道府県の遺伝調査の詳細な内容が明らかになるのは全国的に珍しい。専門家は、手術対象者だけでなく、親…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです