大相撲

舞鶴巡業場内放送「女性は土俵下りて」 協会「今後は対応必要」 理事長、直接謝罪の意向

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 京都府舞鶴市で4日に開かれた大相撲の春巡業中で、土俵に上がった多々見良三市長が倒れた際、救命処置をしていた女性に土俵から下りるように場内放送をした問題で、日本相撲協会の春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)は5日、今後、緊急時の対応策を講じる考えを示した。大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされている。

 舞鶴市は5日、多々見市長はくも膜下出血と診断され、手術を受けたと発表した。約1カ月の安静と入院が必要という。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文587文字)

あわせて読みたい

ニュース特集