メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
劇場公開のチラシを手にする映像文化専攻のメンバーとOB=名古屋市中村区の同朋大で2018年3月23日、太田敦子撮影

 脚本を書き、キャストを決め、メガホンを取り、編集する。映画製作の全工程を学生が手掛ける。文学部人文学科ながら座学はほとんどなし。機材の積まれた部屋で夜遅くまで編集作業が続く。

 映像文化専攻は2009年、映画監督の中江裕司氏を客員教授に迎えスタートした。映画好きはもちろん高校時代に演劇部で照明や音響を経験した学生も多いという。17年度のメンバーは4人だったが、OBがサポートする。

 「オリジナリティーを出すのは大変だが、やりきった達成感が生まれる」(3年・柴田空乃さん)、「映画を…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文491文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです