メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛

老舗弁当店が事業停止 駅弁「醤油めし」

駅弁「醤油めし」を取り上げた松山市が運営する観光PRサイト。このページは5日に削除された=2018年4月5日、木島諒子撮影

 信用調査会社の帝国データバンク松山支店によると、駅弁「醤油(しょうゆ)めし」で有名な老舗弁当製造業者「鈴木弁当店」(松前町浜、資本金500万円)が2日に事業を停止し、債務整理を松山市の弁護士事務所に一任した。負債額は約7000万円とみられる。

 同支店などによると、同店は1910年(明治43年)に創業。60年に法人となり、仕出しや行楽弁当の製造販売などを行っていた。中でも、JR松山駅構内などで販売していた駅弁「醤油めし」は、県産米を使ったしょうゆ味の炊き込みごはんに鶏肉や野菜を添えた素朴な味わいが人気で、ご当地の名物駅弁として知名度が高かった。

 91年12月期には大手コンビニエンスストアチェーンとの取引もあり約5億円の売上高をあげていたが、取引を解消後、同業者やコンビニとの競争が激しく、売り上げが低迷。2017年12月期の売上高は約8000万円まで低下し、資金繰りに行き詰まっていた。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです